各国のコロナウイルスの影響による今後の見通し

 

 

みなさま こんにちは!

 

5月6日(水)に日本政府より新型コロナウイルス対策の影響により緊急事態宣言の延長が発表されましたね。

 

「やはりな~」と思われた方、落胆された方、様々だと思いますが5月6日までの緊急事態宣言と比べ、緊急事態宣言の解除に向けての準備措置の意味合いが強い事や5月14日の段階にて早期解除も有り得る事、さらに多少は緩和される為、明るい兆しが見えてきました。

 

一方、海外は?と言いますと皆様、ご存知の通り、海外も大半の国で少しずつではございますが、日常に戻りつつあります。

 

弊社、COIでは各国の政府関係者や現地スタッフと連携して新型コロナウイルス関連情報を入手しておりますが

弊社プログラムを通じてご渡航されているお客様とも常にラインにてお話させて頂いております。

 

お客様より頂きました情報はメディア等で報道されていない生の生活情報となっておりますので、次回からのブログにて随時、報告させて頂きます。

 

なお、今後の見通しとしまして

・ビザ無し(もしくは観光ビザ)にて語学留学や国際ボランティア活動など。

・ワーキングホリデーとしてのご渡航

・学生ビザ(語学留学、専門留学、高校や大学、大学院等)でのご渡航。

・インターンシップとしてのご渡航

上記の様に、「どの様なビザ、スタイルにてご渡航されるのか」によって異なってきます。

 

さらに、オーストラリアや(条件付きにて)ニュージーランドの学生ビザ、カナダのCO-OPビザ(専門留学+インターンシップ)の場合、20時間/週までのアルバイトが可能な為、アメリカやヨーロッパの学生ビザと異なってきます。

 

各国のビザ規定や現状のコロナウイルスの影響による入国制限や経済状況を考慮して、次回のスタッフブログにて

報告させて頂きます。

 

ご質問などございましたら、どうぞお気軽に弊社HPのお問い合わせフォームよりお申し付け下さい。

 

皆様、あと少しの我慢です。

みんなで乗り切りましょう!

 

前のページに戻る
オーダーメイド留学の相談をする 資料請求・カウンセリングお申込