日本国内のワクチン接種率について

新型コロナウイルスに感染した場合、重症化リスクを防ぐ可能性があるなど、とても重要な役割をもつワクチン接種。みなさん、接種は終わりましたか?

本日(2021年9月29日時点)では、日本国内で1回目の接種が完了している方の割合が69.6%、2回目の接種が完了している方の割合は、58.7%だそうです。

一時はワクチンの確保が難しい時期もありましたが、昨今急速に接種が行われており、他国と比較しても引けをとらない数値になってきました。

ワクチン接種後の発熱や頭痛などの副作用の心配もありますが、ワクチン接種が完了しているか否かは、海外渡航の際にも重要な役割となっていることが多く、ワクチン接種している方は、入国時の隔離が免除されたりする国も増えています。

今回の新型コロナウイルスのワクチン接種については、人それぞれ色々な考え方があると思いますが、海外渡航の予定がある方にとっては、ワクチン接種していることがスタンダードになるかもしれませんね。

関連プログラム

  1. (近日公開予定)オンライン 医療英語スペシャルトレーニング プログラム

  2. ドイツ渡航できるの?ハイデルベルクのコロナ近況報告

  3. 2020年12月15日時点 オーストラリアのコロナウイルス状況

  4. 新型コロナウイルスによる入国状況